So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「侍ジャイアンツ」1973 [映画・アニメ]

i-img450x600-15264143555pbjqs8147.jpg
〔1973年/日本/東京ムービー〕







読売巨人軍が栄華を極めた時代は過ぎた。

このままでよいのだろうか…監督である川上哲治は
将来を見据え、このチームのためにはサムライ魂を持った、
型破りな選手が必要だと考えていた。

2軍選手、八幡の紹介で、土佐嵐高校の番場蛮を知る。
蛮はでっかい奴は嫌いだと、巨人への入団を拒否していたが、
ガールフレンド・理香の説得で、でっかい奴を内部から
叩き潰すと入団を決意する。

しかし入団した以上サムライは、己を知る者のために死す。
蛮は巨人を優勝に導くため猛特訓で数々の新魔球を会得。
様々なライバルたちと激突する!。

「俺の背番号は”死”だ!!」。

誰もが忌み嫌う数字、「4」を背負い蛮はマウンドに立つ。





集英社・週刊少年ジャンプ誌上において、
梶原一騎、井上コオ先生の手により連載された漫画作品を、
東京ムービー(トムスエンタテインメント)がテレビアニメ化。

1973年度の東宝チャンピオンまつり内で、
テレビ版第1話である「ほえろ!バンババン」を上映。

昭和生まれの少年たちならば、誰もが一度はマネをした、
ゴムボールを握りつぶして投げる「分身魔球」、
上空高く飛び上がり空中から投げおろす「ハイジャンプ魔球」、
マウンド上でぐるぐるぐるぐる回りながら、
相手のすきをついていつの間にか投げてしまう
卑怯な「大回転魔球」・・・。

そのどれもが、3次元に住む我々には再現不可能、
プラス、それって野球のルール違反じゃないのと思われるものばかり。

それでも真似せずにはいられない魅力が、番場蛮にはあった。

アニメ版では蛮の活躍により、巨人軍の勝利で幕を下ろすのだが、
梶原一騎先生の描く漫画版では、
今まで散々、魔球を投げ続けた事により肉体を酷使した蛮は、
マウンド上で立ち尽くしたまま心臓麻痺を起こし…死亡…。

…子供たちにとっては、イヤすぎる幕引きであるが、
これこそが梶原イズムとでもいうべきラストシーンであるのだ…。


余談ながら、作品中で番場蛮がバットを片手に、
バッターボックスに入る際、「侍ニッポン」の替え歌を
口ずさみながら登場するのだが、
1990年代本作をビデオソフト化する際、
原曲の著作権者遺族から使用許可が下りず、
主演の富山敬さんにより歌詞を使わずハミングによる、
新録音が行われた。

以後、レーザーディスク、DVD、ブルーレイと商品化を
重ねているが、すべて改変後のマスターが使用されており、
オリジナル版を再見するのは非常に困難となっている。

本放送時にあった、実在の野球選手による
実写シーンもカットされているが、物語の進行には問題は無い。
でも、気になる者には徹底的に気になってしまうものなのだ。

キミたちは気にしなくていいのよ。
これからの人生、プラスにもマイナスにもならないから。
むしろマイナス要因だから。

ただのオタク気質の哀しい性であるのだから…。






評価 ★★★☆☆
nice!(2) 

「流星人間ゾーン」1973 [テレビ番組関連]

81-HY4ucXHL._SL1444_.jpg
〔1973年/日本/東宝〕






地球から遠く離れた大宇宙、平和の星ピースランド。

その平和も悪魔の星、ガロガの野望に一瞬にして破られた。
ピースランド壊滅、
安住の地を失ったピースランド星人たちは、
ファミリーごとにパンドラカプセルに乗り、
平和の星を求めて、流星人間となったのだ。

一方、地球を第二の征服目標にしたガロガは、
宇宙要塞を建設、恐獣ミサイルが地球を狙った。

流星人間を乗せたカプセルの1ファミリーだけが
地球に漂着した。彼らは新地球人として、
ガロガ星人と対決した。

そのファミリーの名は流星人間ゾーン。



と、オープニングナレーションでその作品世界をすべて説明。
この作品には明確な第1話がない。

通常のヒーロー作品であるならば「ツカミ」である、
物語の発端を語るべきエピソードがない。
このナレーションで済ませてしまっているのだ。

東宝が初のテレビ特撮ヒーローを!と意気込み、
主演に当時アイドルとしてデビューしながら、
俳優業にも進出していた、青山一也さんを起用。

そしてなにより、劇場で大人気を博していた
怪獣王「ゴジラ」をテレビでも活躍させようと
企画したのが本作のもともとの発端であったという。

そして満を持して「ゴジラ」は登場するのだが…。

正直…「流星人間ゾーン」という番組を盛りたてるまでの
起爆剤になった…ようには感じない。

「ゴジラ」が登場する必然性が感じられないのだ。
いきなりゴジラはやってくる。
最後のあたりなど、子供の呼びかけに応じて、
山の秘密基地から発進する!。

肝心のストーリーもヒーロー番組に欠かせない、
「燃える!」エピソードが見当たらない。
「燃える!」とは何を差すのか?。

それはたとえば、このブログのようにニセモノがあらわれる…、
最大のピンチに追い込まれ、一回夕陽に死す!、
そして奇跡の復活、逆転。
仲間の戦死、その弔い合戦…、
これらは「よくあるパターン」だが、この手の番組には
必要不可欠なものだ。

ないない尽くしのゾーンだが、番組を締める終わりの歌、
エンディングがない。
曲はある。流星人間ゾーンには歌曲が4曲も作られており、
子門真人さんによる名曲が3曲もあるのだ。
なのに、それを活かせていない。
(東宝テレビ作品にはエンディングがないのは定番ではあるが)。

そして、最大の問題点。
第1話に引き続き、明確な「最終回」がないのだ。

まったく通常の話で「明日もまた、がんばろー!」。
これで全26話が終了…。

ちがう。

ボクたちが見たかったのは、苦闘の末、
ガロガとの最終決戦を描いて、平和を取り戻す…。
そんなゾーンファミリーの勝利が見たかったのだ!。

ないない尽くしが「流星人間ゾーン」という番組を
どうにも印象の薄い、ぼやけたものにしてしまっている。

必殺技・流星ミサイルマイトのド迫力な描写など、
「さすが東宝特撮!」と思わせる部分も散見されるのだが、
本当に惜しい一作。






評価 ★★☆☆☆



nice!(10) 

「どっこい大作」1973 [テレビ番組関連]

81pDPgSXQmL__SL1500_.jpg
〔1973年/日本/東映〕





北海道から上京した田力大作(たぢからだいさく)が、
日本一の男に目指し、成り行きとストーリーの展開上、
ラーメン屋→掃除屋→パン屋と一箇所に落ち着かず、
職を転々とする根性一代記。



花登筺先生が書く「あかんたれ」「がしんたれ」の
子供むけ…ドラマといったところ。

1970年代の仮面ライダーを代表として、
変身ヒーローブームにあえて
「変身しない」主人公を主役に据えた意欲作。

仮面ライダーにおける「変身」は、大作の「どっこい!」。

この時代、消えゆく運命だった蒸気機関車の疾走する場面と
汽笛をバックに手の平を交互に上空に向けて突き出す「どっこい!」。

毎回かならず、この「どっこい」はここぞ!というシーンに挿入され
悪人は吹き飛び、倉庫に積まれた小麦粉がなぜか噴き出すのだ!。


ゲスト勢も豪華の一語で、仮面ライダーV3当時の、
宮内洋、小林昭二さんがホンのチョイ役で出演されていたり、
桜田淳子さんをはじめとする人気アイドルがズラリ顔を揃える。

レギュラーには、生まれた時からおじいさん俳優、
志村喬・笠智衆さんの共演、
バイキンマン、ドラゴンボールのフリーザ様で有名な、
中尾隆聖さんの顔出し出演と見どころだらけの一作。


「日本一」を目指す!と目標だけは高いのだが、
思い付きと行きあたりばったり「だけ」で行動する
大作の、近所迷惑な性格、
強引過ぎるストーリー展開に、
諸君らはあきれかえってしまうかも知れないが、
少しの間、我慢してつきあってみよう。

平成不況に生きる日本人が失くしたチカラと魂がここにある!。





評価 ★★★★☆
nice!(11) 

「コンドールマン」1975 [テレビ番組関連]

91m+AHOMShL._SY445_.jpg
〔1975年/日本/東映〕






国際平和運動グループ「世界の旗」の一員である三矢一心。

彼は国連事務局次長キムトンを暗殺した国際テロ団を追って
アメリカ・ネバダ州に渡るがテロ団を影から操っていた
モンスター一族の攻撃を受けて逃走する。

その途中、重傷を負った古代ムー帝国の守護神、
ドラゴンコンドルを発見。
その卵を守るため、モンスター一族により射殺される。

古代ムー帝国の呪術者の末裔であるダバ老人は、
一心の亡骸と、彼が守り抜いた卵から生まれた
ゴールデンコンドルを融合させる。

今、正義のシンボル・コンドールマンは誕生したのだ!。

人間の悪の心を利用し世界征服を画策するモンスター一族。
敢然と立ち上がったコンドールマンと、
彼を支援する日本人たち。正義の戦いはここに幕を開ける!。






国産ヒーローの原点、「月光仮面」「七色仮面」、
「アラーの使者」などを世に放った
自らが「正義の人」である川内康範先生原作の
「愛の戦士レインボーマン」、
「光の戦士ダイヤモンド・アイ」とともに、川内3部作と呼ばれる
決定版!「正義のシンボル コンドールマン」です。


コンドールマンの物語は実に悲しい。

食料品店を経営する主人公の両親は、
世界平和活動のために!と各地を飛び回る親不幸な
息子に対して、危険だからやめてくれ、店を継いで
平凡に暮らしてほしいと常に願っていた。

しかし、その願いはむなしく息子は異国の地で殺害される。

聖者の術により、三矢一心(みつやいっしん)は、
ゴールデンコンドルと融合し、よみがえるのだが、
一心はすでに死亡しており、その心はコンドルのものだ。

彼は日本に辿りつき、一心の両親と偶然めぐりあい、
共に暮らすことになるが、
見た目は息子でありながら息子ではない…。

恋人のさゆりも死んだと思われていた一心との再会に
心動かされるのだが、やはり一心ではない…。
なんと罪な設定であろうか…。

だが、当人のゴールデンコンドルはやはり、ただの鳥。
そんな人間の複雑な感情は理解できないのか、
ただ「正義を守るため」に活動する…。

この作品の怖ろしさは人間の本当の敵は、怪人や妖怪ではなく、
すべての悪事は人間のみにくい欲望が引き起こすのだと説く。

そのため作品中で描かれる事件も特撮ヒーローもので、
よく見られる、川の上流に毒を流したり、
幼稚園バスの襲撃は発生しない。

食料の買い占めにより、流通をストップさせ、日本人を
飢餓状態に追いこんだり、金にモノを言わせ、
人間を扇動しパニックを起こす…。

敵のキャラクターは、コミカルに描写されるが、
実行される作戦そのものは、現実社会において、
今日、明日、いつ発動するかわからない恐怖を感じさせる。

主題歌にも歌われるように、
命を賭ける価値もない、汚れきった日本を何故守るのか?。

誰からも頼まれてはいないが、それでも正義を助ける。
それが正義のシンボルである、コンドールマンの姿なのだ。


本作に明確な物語の終わりはない。
人間に邪悪な心が存在する限り、モンスター一族は
何度でもよみがえる。再びの挑戦を予告して幕はおろされる。

人間がこの世にある限り、悪もまた滅びず。
コンドールマンは今日も戦い続ける…。





評価 ★★★★☆


nice!(8) 

「ジャンボーグA&ジャイアント」1974 [映画・特撮]

cure_expo-img500x500-1518257813frpzth12312.jpg
〔1973年/タイ/円谷プロ/チャイヨー〕






ワットアルン寺院に保管されていたタイのお宝が、
悪い宇宙人に盗まれてしまい、タイは大パニックに!。

ジャンキラーJr.が現れ、街を破壊する。
この危機に立ちあがったのが巨人のジャイアント。
だが、ひとりではかなわない。
そこで日本からジャンボーグAが出動し、協力して戦う。




日本未公開の一作。
タイでは大人気のお猿さんの守護神・ハヌマーン
(本作品ではジャイアントと呼ばれる)と、
ジャンボーグAとの夢の共演。

円谷プロダクションとタイのチャイヨープロがまだ友好関係に
あった頃、合作として制作される…が、あまりのトンデモぶりに、
日本では現在に至るまで劇場公開も、テレビ放映もなされていない。

なので、海外通販でビデオCDを取り寄せて鑑賞。
当然ながら言語はアチャラ語、字幕すらついていないため、
細かなストーリーは、まったく理解できず。

まぁ、ヒーロー映画なんで、基本戦って勝って終わり!。

ジャンボーグA側はほぼ、日本版のフィルムを流用し、
最終回あたりの月面決戦場面を多用。
立花ナオキの操縦方法はタイ国に合わせたのか、
潜水艦の潜望鏡を覗くような方法に変更。

覗くだけでロボットを操縦できてしまうのがスゴイ!。

1990年代に発売されたジャンボーグAのレーザーディスクBOXの
映像特典としてラッシュフィルムが部分収録され、
日本にも本作の存在が広く知られるようになった。

当初は全編を収録予定であり、広告にも記載されていたのだが、
実際に発売された商品は試写用の退色した劣悪な状態。
ファンはガックリ。

これ以後、円谷プロとチャイヨープロが著作権で揉めてしまい、
裁判沙汰に発展。現在に至るもまだまだ争いの最中なため、
本作をマトモに鑑賞するのは日本ではムズカシイ。

まぁ、見られなくても、これから先の人生、困る事はないけどね。

補足ながらタイ国では「ジャンボーグA」は本家ウルトラよりも
大人気!。日本では発売されていないような、
怪獣人形までもがズラリと商品化されている。ちょっとうらやましい。






評価 ★☆☆☆☆
nice!(9) 

「ジャンボーグA」1973 [テレビ番組関連]

CoLXoSLUIAESMQ6.jpg
〔1973年/日本/円谷プロ〕






地球から遥か15光年離れたグロース星から、
グロース星人が巨大怪獣による地球侵略を開始した。

彼らの合い言葉は「殺せ、奪え、焼き尽くせ!!」だ。
戦いの中、兄を殺された民間航空のパイロット・立花ナオキは、
すべての星の平和を願う、地球の兄弟星である
エメラルド星人から贈り物を受け取る。

それが、地球を守る最後の切り札、
巨大ロボット・ジャンボーグAである。

普段はナオキの愛用するセスナに身を変え、
戦闘時にはジャンボーグAにトランスフォームするのだ!。

地球パトロール隊のPATと時には争い、
時にはキチガイ扱いされつつも、
ともにグロース星人の侵略から地球を守りぬく!!。




1973年(昭和48年)、円谷英二先生の意志を受け継いだ
円谷プロダクションが、関西の毎日放送と提携し
制作放映した、よい子への贈り物、
それが、ジャンボな宇宙サイボーグ「ジャンボーグA」。

「ファイヤーマン」「ウルトラマンタロウ」と並ぶ、
円谷プロ創立10周年記念作品です。
子供たちが大好きな乗り物が変形して人間型ロボットになる…、
といったトランスフォーマーから10年時代を先取りした設定。

それまでの乗り込み型ロボットが、レバー&ボタン操作での、
操縦がメインであったものが、内部の操縦者の動きに連動して、
アクションを繰り広げる…といった一体感を感じさせる描写が
すばらしく熱い!。

中盤からは軽四自動車(ホンダZ)がロボットに変形する2号機、
ジャンボーグナインも登場。

軽四からニョキニョキ手足が伸びる強引な変形!、
ハンドルにクラッチにブレーキと自動車そのものな操縦法。
強引なまでのチカラ技の連続ではありますが、
それだけエメラルド星の科学技術がすばらしいものだということで…。

番組終盤では、放送局・作品の垣根を越えて、
「ミラーマン」世界からジャンボフェニックスと隊員たちが、
ジャンボーグA救出に登場!。
今でいうところの「奇跡のコラボ」が実現!。


主人公の立花ナオキの無茶ぶりがスゴイ。
だって、江戸っ子だから。

とにかく人の意見を聞かない。すぐに暴力で訴える。
そのため、周りの信用がなく、なにか事件が起こると疑われ、
狂言扱い、キチガイ扱いされてしまう、
手のつけられない危ない人だったナオキ。

しかし、そんな彼にも変化が…。最終回ではついに自己犠牲を
決意し、地球のために単身、宇宙へと赴くまでに心の成長を遂げる。

このあたりも「ジャンボーグA」の見どころのひとつ。
DbYoiakV0AEARb4.jpg
まぁ、このように銀と赤でまっぷたつに塗り分けた
キチガイセンスで公道を走れる立花ナオキのセンスには、
宇宙人もかなわない…ということで。






評価 ★★★★☆
nice!(10) 

「さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅」1981 [映画・アニメ]

33556667.jpg
〔1981年/日本/東映動画〕





永遠の命を求める旅を終え、地球に帰り着いた
星野鉄郎。あれから2年。

彼を待ち受けていたのは、機械化人と
わずかに生き残った人間との血みどろの戦いだった。

老パルチザンのもとで、鉄郎も武器をとり、
レジスタンスとして戦いの日々を送っていた。
ある日、メーテルからのメッセージが届く。

「鉄郎、スリーナインに乗りなさい・・・」。

メーテルの声に導かれるように鉄郎は再び、
超銀河特急999号に乗りこみ、宇宙へと旅立つ。





前作「銀河鉄道999」がこれ以上ないほど完璧に、
物語を完結させてしまった後、これ以上、何を描くのか?。

「宇宙戦艦ヤマト」同様、幾度沈もうとも、
人気のある間、集金できる間は鉄郎には安らぎの日々は
与えてもらえないのであろうか…。

そんな思いを抱きながら本作を観始めるのだが、
やはり「銀河鉄道999」の永遠のテーマは、
生きとし生ける者に送る「限りのある生命」の美しさ。
人間讃歌であった。

本作でも多くの命が散り、その思いを受けて
鉄郎は戦いに中に身を投じている。

そして訪れるメーテルとの2度目の別れ・・・。

あぁ、これですべてが終わった・・・。
「銀河鉄道999」ともお別れか・・・。
もう、出会う事もないのだなぁ。

この時はそう思ったのだが、まさか平成の今まで、
続編が描かれようとは・・・。
昨夜も生放送のドラマで999が放送されておった・・・。

ボクの中の999は、本作で永遠に完結している。
これ以降は蛇足である、と断言してしまおう。








評価 ★★★★☆
nice!(8) 

「銀河鉄道999」1979 [映画・アニメ]

無題.png
〔1979年/日本/東映動画〕




身体を機械に変えることで、人間が
永遠の命を手にした未来の地球。

極貧により、機械の身体を買うことができない鉄郎は、
機械の身体をタダでくれる星へ向かう
夢の超銀河特急・銀河鉄道999号に憧れていた。

懸命に生きる鉄郎と母を機械伯爵が襲う。
母を殺され復讐に燃える鉄郎の前に、
謎の美女・メーテルが現れ、戦士の銃と、
999号のパスを与える。

メーテルとともに地球を旅立つ鉄郎。
旅の中、様々な出会いを繰り返したくましく成長した
鉄郎の目の前に終着駅がひろがる…。
ここが夢にまで見た、機械の体をタダでくれる星なのか…。





「SF西遊記スタージンガー」「男おいどん」の
松本零士先生原作、東映動画が制作し、
1970年代後半、日本を一大ブームの渦に巻き込んだ
SF叙事詩ロマン大作「銀河鉄道999」(スリーナイン)。

とにかく時代は松本零士だった。

「宇宙戦艦ヤマト」の一大ヒットの波に乗り、
999も実際に国鉄(当時)との提携で、
松本零士先生を車掌さんに仕立て上げて、
列車による行先不明のミステリーツアーを組んだり、
たかが「まんが映画」が日本の経済を大きく動かす
「アニメーション作品」へと昇華した時代の一作だった。

ただひとつ違和感があったのは、
テレビシリーズを見慣れた者にとっては、
主人公・星野鉄郎が…男前になりすぎてるねん!。

あのヘチャムクレのチンチクリンが、
旅を重ねて心身ともに成長してゆく姿がよいのに!。
それを差し引いてもアニメ史に残る名作であることに
反論は認めない。






評価 ★★★★☆
nice!(8) 

「ミラーマン」1972 [映画・特撮]

1339019867.jpg
〔1972年/日本/円谷プロ〕





異常な事件が世界各地で続発していた。
国際的宇宙物理学の権威である御手洗博士は、
これらは地球に危機が迫っている兆候だと
警告するとともに、自ら現代科学の
エキスパートたちを集めた調査組織、
SGM(Science Guard Members)を組織し、
その研究所を建設する。

新聞社でカメラマンとして働く青年、鏡京太郎は、
御手洗博士の助手をしていた母・優子の死後、
博士の家に引き取られ、彼らの家族同然に育てられた。

京太郎は竜巻被害の取材中、奇妙な現象に襲われて
危機に陥るが、不思議な鏡の光によって救われる。

京太郎の話を聞いた博士は、彼の出生の秘密を語り始めた。

京太郎の父は地球外侵略者・インベーダーから
この世界を防衛するため、異次元世界からやってきた
超人「ミラーマン」だった。

彼はインベーダーの策略により命を落とし、
優子は御手洗博士に京太郎を託して
姿を消さざるを得なかった。
そして、京太郎にも父と同じ、
ミラーマンとしての力が備わっていたのだ・・・。




1971年(昭和46年)、朝焼けの光の中に立つ影は、
そう、鏡の国からやってきた我らがヒーロー
「ミラーマン」。

制作は「ウルトラマン」「ウルトラセブン」など、
日本の特撮テレビ番組の第一人者、
円谷英二先生率いる、円谷プロダクション。

東宝チャンピオンまつり内で、
テレビシリーズより
第18話「生きかえった恐竜アロザ」を劇場公開。

まず設定がスゴイ。
2次元人=鏡の国の父親と、
3次元人=日本人の母親の間に生まれたハーフ!。
どこでどうやって父と母は出会ったのだろう・・・。

ミラーマン最大のトピックはその最終回において、
ヒロインとのメロドラマが炸裂し、
日本のヒーロー史上初のキスシーンが描かれるところ。

・・・と言っても、まだまだカワイイ描写ではあるのだが。

硬質で都会的なイメージのミラーマンであるが、
彼の戦いには、常に哀しみの影がつきまとうのであった…。






評価 ★★★☆☆
nice!(7) 

「キャンディ・キャンディ」1992 [映画・アニメ]

sim.jpg
〔1992年/日本/東映動画〕





みなしごとしてポニーの家で育ったキャンディは、
12歳になったある日、名門ラガン家の使者が
イライザお嬢様の話し相手を探しに訪れ、
ラガン家に引き取られていくことになった。

しかし、そこにはニールとイライザのいじわる兄妹が
キャンディをいじめようと待ち受けていたのだった・・・。





講談社「なかよし」誌上に連載され、東映動画
(東映アニメーション)制作のアニメーションが
日本全国の女の子と一部の男の子をトリコにした
水木杏子、いがらしゆみこ先生原作、
1976年(昭和51年)、テレビ朝日系放映開始
「キャンディキャンディ」。


現在は原作者同士の対立により、図版はおろか、
再放送、商品化すらできない状態に陥り、
すでに20年以上が経過してしまった。
あれほど日本を席巻した作品が…である。

本作は人気にも陰りが見え始め、少女漫画の世界に
ヒット作不在だったこの時期、「夢よもう一度…」と言わんばかりに
突然、リメイクされ劇場公開されたもの。

正直、なぜ、今、キャンディ?という印象が強く、
キャラクターもカワイイとは思えない出来。
あの大河ドラマをわずか25分でまとめようと
する事自体が無茶なのである。

キャンディの魅力は関わる男を次々と不幸に陥れる
その魔性にあるというのに・・・。

せっかくの復活も不発に終わり、1995年には著作権裁判が勃発。

それになにより、この作品と同時期には、
あの大ヒット作「美少女戦士セーラームーン」がスタート。
時代はすでにキャンディを求めてはいなかったのだ…。






評価 ★★☆☆☆
nice!(8) 
前の10件 | -